瀬見温泉と天童温泉

| コメント(0) | トラックバック(0)

まるた一家、年末恒例東北方面逆帰省。
今年は、山形県の瀬見温泉と天童温泉へ1泊ずつ繰り出すことに決定。
雪国へ繰り出すからには山歩き用の靴が良いだろうと思い、数年ぶりに登山用の靴を取り出しておいた。
さて、29日朝、いよいよ出かけようとその靴を履いたところ、何やら足元に黒い物体が散乱。靴底についていた泥でも落ちたのかと思ってよく見ると、靴のゴム底部分が経年劣化でぼろぼろになり、まるで泥のように玄関の床に落ちているのであった。ひょえー。
あわてて通常の靴に履き替え、玄関掃除は帰宅してからすることにして出発。予定より10分遅い電車で東京駅へ向かった。
気分的には余裕で到着のはずだったが、実際には11時40分発の新幹線に乗るのに、東京駅ホームに着いたのは11時35分。大急ぎで駅弁を買ってそそくさと新幹線に乗り込んだ。やーまいったなー。
東北新幹線で古川まで行き、そこから陸羽本線に乗り換え。さらに鳴子で乗り換えて、15時41分に瀬見温泉に到着
2012semi_tendo01.jpg鳴子駅で電車を乗り換え
2012semi_tendo02.jpg瀬見温泉駅に到着。降りたのは我々だけ。
2012semi_tendo03.jpg駅舎が雪で埋まっている?
瀬見温泉駅から温泉街まで徒歩で歩く。何やら除雪車が大活躍していて歩道と車道の間に雪の壁ができていた。
2012semi_tendo04.jpg雪の壁
瀬見温泉は、なにやら風情のある、ひなびた感じの温泉街。道路の真ん中から融雪のお湯が噴出していた。
2012semi_tendo05.jpg2012semi_tendo06.jpg
泊まった宿は、ゆめみの宿観松館
現天皇陛下が皇太子時代も含め2回も訪れているらしい老舗の宿。
部屋に通されたときに出されたのがお茶ではなく、にごり酒。お酒のあまり飲めないせんせーもすいーっと飲めてしまうおいしさでした。アルコール度数が少し低いのかな?
2012semi_tendo07.jpgにごり酒とつまみ。
少し休んでから、宿の温泉で日ごろの疲れを癒す我々。6時半から夕食。
2012semi_tendo08.jpg2012semi_tendo09.jpg2012semi_tendo12.jpg
お勧めセットやらフルーティーせっと(日本酒)を飲んでへべれけ。
2012semi_tendo10.jpg2012semi_tendo11.jpg

しかしながら食事があらかた終わって、酒も飲み干した段階になっても、デザートとかが出てこない。お品書きがないのでデザートがあるかどうかも実はよくわからなかったのだが。
とりあえず、フロントに食事が終わったと電話をしたら、何やらおねえさんがアイスクリームを持ってきました。若いおねえさんに甘いまるたさんはニコニコしていたのだが(せんせー曰く)、せんせーは既に歯を見外がいてしまっていたので、ぷくーっと膨れていた。
2012semi_tendo13.jpgぶっちょうずらでアイスを食べるせんせー
そんなこんなで瀬見温泉の夜は更けていくのであった。
翌朝は6時半ごろ起床。朝風呂に入った後、朝食(バイキング)をとり、10時にチェックアウト。
近くの飲泉所に寄って瀬見温泉駅へ向かった。
2012semi_tendo15.jpg弁慶が掘り当てたと言う伝説がある温泉(飲泉所)
2012semi_tendo14.jpg温泉水を飲むせんせー
瀬見温泉駅の線路上で記念撮影。
2012semi_tendo17.jpg
瀬見温泉駅から陸羽本線で新庄まで行き、奥羽本線で天童駅へ在来線のたび。
天童駅は山形新幹線の停車駅らしく結構立派なつくりだった。
2012semi_tendo16.jpg
天童駅舎内の観光センターは大晦日はお休みということだったので、到着したこの日に饅頭やらラフランスワインやらお土産を購入。
天童駅から檜風呂の宿つるやまで、徒歩20分。つるつるすべる氷道を歩いていった。途中のスーパーでおやつなどをゲット。店の前であったかそうな「あじまん」という今川焼き風の焼き菓子が売られていたので1つ購入。
2012semi_tendo18.jpgあつあつの「あじまん」
天童は将棋の町?なのでそこかしこに「王将」が・・・。
2012semi_tendo19.jpg2012semi_tendo36.jpg
さて、つるやでは12.5畳の普通の客室を想定していたのだが、通されたのが半露天檜風呂付の「真鶴」。
10畳の和室のほかにベッドルームがついている。いいのか?
ひょっとして間違った部屋に通されてしまったのでは?としばらくドキドキしていた。
しばらく休んでから大浴場へ。それほど広くはないが客が少なくほぼ貸切状態だったのでゆったりのんびりお湯につかった。
部屋にもどってからさらに部屋付の半露天風呂も堪能。この半露天風呂にはチェックアウトまで4,5回浸かったのであった。
2012semi_tendo22.jpg2012semi_tendo23.jpg
夕食は6時半を指定したが、結構遅れて6時50分ごろようやく料理が運ばれてきた。
係りのおばさんが結構急がしそうで、飲み物の注文すら聞いてもらえないもんだから、持ち込んだ酒とジュースをぐびぐび飲んだ。
何やら持ち込み料をとる場合もあると案内に書いてあったが注文を聞いてくれないんじゃなあ。
で、すっかりへべれけ。
2012semi_tendo26.jpg2012semi_tendo29.jpg
2012semi_tendo27.jpg2012semi_tendo28.jpg
2012semi_tendo30.jpg料理はうまかった。
2012semi_tendo32.jpgびしっとしたまるたさん。でも。
2012semi_tendo31.jpg本当のまるたさん。
2012semi_tendo33.jpgできあがった、せんせー
2012semi_tendo34.jpgすごく立派な部屋の入り口。
翌朝ぎりぎりまで部屋の半露天風呂につかり、9時15分ごろチェックアウト。
駅への途中で学習塾があったのだが、そこの教室が道路に面して中が見えるようになっている。大晦日の朝9時過ぎだと言うのに受験生と思われる大勢の子供が部屋の中に集まっていた。彼ら(彼女ら)の正月は合格発表の日なんだろうな。
帰りの山形新幹線は人身事故の影響とかで少々遅れていたが、東京駅には6分遅れで到着。
せっかくだから新装なった東京駅を撮影。
2012semi_tendo37.jpg
国立がんセンターにせんせーのお父さんの御見舞いに寄ってから帰宅。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://mafutan.com/mt/mt-tb.cgi/131

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.1

このブログ記事について

このページは、まるたが2012年12月31日 17:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「まるた一家のクリスマスイブ」です。

次のブログ記事は「まるた一家の大晦日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。