運動の最近の記事

かつ元

| コメント(0) | トラックバック(0)

午前中厳しい21キロ走。

13時過ぎにかつ元到着。入り口で2人ほど待ち状態。

15分くらい待って入店。店内大賑わい。

注文したのは、盛り合わせ単品(ごはんとかない分ヒレカツ増量。バナナカツのおまけつき)、トッピングできゅうりフライとオニオンフライ。生ビールにリボンオレンジ。

フライ山盛り、キャベツ山盛り。ころもはサクサク。大変おいしかったです。

katu1.jpgkatu2.jpg

第1回と第3回に参加して以来、7年ぶりの鳴沢紅葉ロードレース。

第10回記念大会。

前日に現地入り。高速バス使用。若干渋滞し、40分遅れ位で到着。河口湖駅周辺は、中国人を中心とした外国人旅行客でわらわらしていた。

ほうとう不動でカーボローディング。ここも外国人がいっぱい。送迎バス到着までの間に自分たちのお土産をゲット。ワインとビールとお菓子。ヒノキのマスも買った。

15時の送迎バスで富士緑の休暇村へ到着。さっそくゆらりで汗を流す。2食付きでともにバイキング。土曜日の夕食時、我々は18時から。そこそこ客はいたが、18時20分ごろには料理コーナーはがらんとしていた。ところが18時半になると、学生さまご一行がわらわらとやってきてカオス状態の大混雑。夕食後もう一度ゆらりへ行く。

当日は6時ごろ起床。7時から朝食開始だが、少しフライングして5分前に行くとすでに関西ハイクご一行様などが食事中。もっと早くてもよかったなあ。炭水化物中心にさっと朝食をすます。

7時半ごろ会場へ向かう。ゆらりの建物沿いに歩いて行ったら、行き止まり。一度戻って道の駅裏側らへんを通って会場へ行く。まず受付でゼッケンを交換。8時15分からの開会式を見てから、参加賞のブルーベリージャムとゼリーを引き換えて休暇村に戻る。

休暇村でゼッケンをTシャツにつけ、チップを靴に装着。9時半ごろあらためて会場へと向かう。

スタート直前。最後尾のプラカードを持った係員さん付近に陣取ったが、いつの間にか最後尾が後ろのほうに行っており、結果、真ん中から辺からスタート。

7年前とコースが変わっており、小さなアップダウンが続くコース。平坦なところはほとんどない。最初2周する周回コース中に急な下り坂があり、結構怖い。足にも来る。きついコースだが、ほとんどの上りで上りの終わりが見えるので、精神的にはそれほど苦しくはない。

当初、2時間半を目標にしていたが、結果2時間22分台でゴール。一応大勝利。

ゴール後は、生ビールをのみ無料のそばをいただく。

抽選会にも参加したが当たらず、2時ごろ休暇村へ戻る。

さて、次はお伊勢さんマラソン。2時間15分切りが目標だ。

今回も前泊のみの弾丸参加。

前日に現地入り。最近雁木通りの試食が寂しいなあ。

今回の宿は湯沢グランドホテル。南館最上階(7階)和洋室。特別室よ。

前日の夕食バイキングは、食べすぎに注意してカーボ中心に食す。

やたら眠かったので9時前に就寝。巨人はヤクルトにサヨナラ負けしていたらしい。

当日6時起床。6時30分から朝食。早速お結びを握ってもらう。おいらは3個、せんせーは2個。当然カーボ中心ね。

今回は、湯沢グランドホテルから会場まで送ってもらえた。8時のバスで会場入り。スタート前にアミノバイタル® パーフェクトエネルギーをもらう。30分前に飲めという触れ込みだったので、9時5分ごろ飲みほした。

9時30分スタート。今回はウェーブスタートではない。最初からペースが上がらず、2時間29分ちょっとでゴール。昨年より6分以上遅い。

ゴール後、恒例冷たいビール。せんせーはイチゴフラッペね。帰りのシャトルバスは長蛇の列。

ユザグラの風呂で汗を流し、ロビーで荷物を詰めなおして、3時過ぎの新幹線で帰宅。

これから練習量を増やして巻き返さねば。

游泉志だて

| コメント(0) | トラックバック(0)

14年ぶりに花巻南温泉。前回はホテル志戸平。今回は奮発して游泉志だて。露天ぶろ付き客室。ただし、素泊まり。3泊4日。

合宿も兼ねる。

初日チェックイン後に、軽く4.5キロ。

2日目。朝5キロ。その後新花巻観光。宮沢賢治記念館などをめぐる。

3日目。遠野観光。トレーニングを兼ね、ジョギングで巡る。

4日目。花巻観光。宮沢賢治の命日ね。

詳しくは後日

10年位前にエントリーしたけど当日体調不良で棄権した火祭りロードレースに参加。10キロね。

終了後、真木温泉に2泊。

楽しい旅でした。

詳細は後日、かなあ。

佐久壱萬里温泉

| コメント(0) | トラックバック(0)

るるぶトラベルシークレットプランに乗せられて、先週予約。

17日14時頃東京発の新幹線で行き、18日13時ごろ東京着の新幹線で帰る。

佐久平に着き、土産物屋で酒を買い込み、電話で迎えの車を依頼する。

当日は出かける前に10キロ走をこなしていたので、宿では温泉と食事。個室で豊潤会席。

翌朝、5時半に起きて、付近を9.7キロほど走る。東京より涼しい。千曲川沿いもちょこっと走った。

走った後は温泉で汗を流し、朝食バイキング。風呂は8時で終了なので、10時チェックアウトまで部屋でごろごろ。

あっという間の1泊2日合宿でした。

駒沢公園でドイツビールを飲んできた。

午前中10.7キロ走

昼前に駒沢公園に向かう。渋谷経由で田園都市線駒沢公園駅下車徒歩10分くらい。オリンピック記念等の前らへんの広場で開催。

ソーセージ4本盛りをつまみに、ビールを2杯。せんせーはソフトドリンクね。
2019komazawa.jpg

帰りは都立大学駅周りで帰宅。

10年連続10回目の小布施見にマラソン参加

例によって、前日に現地入り。今回の宿もドーミーイン長野。駅近で便利。素泊まりで予約しておいて、チェックイン時に2泊目のみ朝食付きに変更。

チェックイン前に荷物を預けてから、小布施で前日受付。抽選は大外れだったなあ。その後竹風堂で山賀定食と山里定食を食べる。食後の栗ソフトはお約束ね。北信流の松葉屋酒店で試飲させてもらい、純米大吟醸の小さいやつを購入。カーブド喜一で小布施ワインとドイツワインを購入。98円の特価のワインがあったので衝動買い。

夕食は近くのセブンイレブンでパスタなどを購入。同時に翌日の朝食も購入。おにぎりとゆで卵などね。

夜はオールスター第2戦を見てから早めに就寝。このあたりで、荷物預け用のバッグを忘れたことに気づく。

翌朝は3時に起床。朝食をてきぱきととり、4時10分の電車で小布施へと向かう。小雨が降っていたので、フィンランド旅行時に購入したポンチョを着る。用意のいい我々。

グラウンド脇の建物の軒先で雨を避けながら荷物をまとめて、荷物預け。この時点ではそれほど混んでいなかったが、例年通り、時間がたつにつれ、荷物預けの列が長くなっていく。

今年はD区画からスタート。オブマラ参加史上初めて、スタート地点が見えるところからスタート。スタート地点まで2分弱だった。

今年は、つゆの長雨が続き、スタート時の気温が19度と、オブマラとは思えない涼しさ。前半は雨。しかし走り始めてみると、やはり結構暑い。雨で湿度が高い空かなあ。氷袋は1回しかもらわなかったが、水は結構かぶった。

雨でも恒例エイドは健在。ちょっと寒かったがジェラートもしっかりだべた。10キロ過ぎのりんごジュースはいつもうまい。しかし、ハーフの距離を走るのが、安曇野以来という練習不足が後半にでる。昨年よりは1分ほど早かったが2時間38分余りでゴール。久々にハーフ後に太ももが筋肉痛になった。

ゴール後、まずは生ビール。夏のマラソン後はこれが一番うまい。おもてなし処で、きゅうり、スイカ、オレンジ、とまと、枝豆などをもぐもぐ食べる。枝豆はビールを飲んでるときに食べたかったな。甘味処で、冷たいミルフィーユケーキなども食す。アイスもあったよ。

そして、恒例水浴び。寒いせいか、まるた以外はだれも浴びていなかった。がめげずに浴びる。

ハイウェイオアシス小布施で無料のあったかいお茶を飲んで休む。ソフトクリームとビールセットはは省略ね。お土産を買って、宿へと戻る。小布施駅からは、ゆけむりではなく普通列車で戻る。特急は座れないからね。

反省会会場は、だいだらぼっちに断られたので、はなの舞。

まるたさんが風邪?で体調不良のため早めに切り上げ。

翌朝、10時半ごろチェックアウト。善行寺らへんの七福神をめぐり、最後は北野屋本店で天ざると生ビール2杯で昼食。11時50分ごろ入ったが、ここは居心地がよかった。

最後の最後にMIDORIでりんごジュースをお土産に購入して帰宅。

安曇野ハーフ

| コメント(1) | トラックバック(0)

2年ぶり3回目の参加。

前日に現地入り。今回の宿もドーミーイン松本。

ファミマで夕食をゲット。

5時半ごろ起床。6時に朝食処へ突っ込む。開店前なので少し待つ。

何やらフランス人の団体多数。

7時半松本発田沢行きの電車に乗る。田沢からの送迎バスでは補助席に乗って会場へ到着。

荷物を預けて開会式を見る。今回は有森さんのほかに「いだてん」の勘九郎も登場。

前日までの天気予報と違い、曇りがちの天気。気温も比較的低くマラソン日和?

9時スタート。スタート地点までは約5分。序盤はまあまあのペースだったが、15キロ付近からガクッとペースが落ちた。2時間21分ちょいでゴール。

おもてなしどころで、おにぎりに味噌を乗っけてもらって食べる。うまい。玉ねぎスープとお汁粉ももらう。うまい。お菓子コーナーでまんじゅうとマシュマロをもらう。りんごジュースがうまかった。

その後ビールとかき氷を食べる。うまい。かき氷は一番右のほうの店にあったちょっと高いやつをセレクト。

荷物を引き取り、再び田沢駅から松本へと戻る。田沢駅で1時間半ほど電車を待つことになった。豊科のほうが周りに店とかがあるので、同じ待つなら豊科のほうが良かったかも。

宿に帰り、温泉につかった後、祝勝会へと繰り出す。

事前にリサーチしていた風林火山は満席のため断念。前回いった雷電の2階にある山里へ。ここも結構いっぱいでカウンターの席しかなかった。でもうまい酒とつまみで大満足。

宿に戻って、一休み。9時半からの夜鳴きそばに行くはずだったが・・・。

翌朝、6時20分ごろ起床。朝食をとり、しばしゴロリム。9時過ぎから最後の風呂。10時半にチェックアウトして、松本駅でお土産をかって帰宅。

その後。まるたもせんせーも時間休で職場へと向かったのであった。・・・

2年ぶり2回目の参加。平成最後のハーフマラソン。ありがとう平成。

宿は。ドーミーイン郡山

前日に現地入り

今回からスタートとゴールが両方とも開成山競技場になった。

快晴。9時5分スタート。前回よりもペースが速く、2時間18分台でゴール。大勝利。

夕食は、三松会館で祝勝会。結構飲んで食べて、2人で6千円行かなかった。安くてうまい三松会館。

次は、安曇野ハーフね。

京都マラソン

| コメント(0) | トラックバック(0)

2012年に抽選で外れた、京都マラソンに初参加。

2泊3日

京都岡崎の町屋「和(なごみ)」

前回のフルマラソンに2分弱遅れた、4時間42分でゴール。

前日に現地入り。昼前には受付会場のみやこめっせへ到着。
2019kyoto (1).jpg
入場時に緊急連絡先を書いた用紙を渡すのだが、せんせーとお互いの名前と連絡先書いていたのがばれ、それぞれの実家に書き直した。(別々に入場すればよかった。ちっ)

ゼッケンなどを受け取った後は、協賛企業のブースをぐるりと回る仕組みになっている。あまり興味がなかったが、佐川急便の写真コーナーが空いていたのでスマホ写真を撮ってもらった。フラッシュをたくとバックの桜が満開になるという仕掛けの写真だった。
2019kyoto (2).jpg京都マラソン (3).jpg
企業ブースを抜けておもてなしコーナーに行くと、そこも大混雑。多少空いていた、魚三楼の生湯葉うどん500円なりを購入。カーボローディングね。京風の味でうまかったっす。
2019kyoto (3).jpg2019kyoto (4).jpg
みやこめっせを後にし、マラソン後に行く予定にしていた「柳湯」を下見。いい感じの銭湯だったのだが・・・。
2019kyoto (5).jpg

宿へ向かう途中、明智光秀の塚があったので、お祈り。(まるたちゃんが良い子になりますように)
2019kyoto (6).jpg

ローソンで夕食と翌朝の朝食をゲットし、宿へと向かう。3時チェックインだが、2時くらいに到着すると入れるようになっていた。宿は、京都岡崎の町屋「和(なごみ)」。

4つある部屋のうち、一番広い桜。1階が居間で2階が寝床。庭もあっていい雰囲気。若干セキュリティが心配。荷物をどこにぶちまけるかでしばし悩んだが、結局1階にぶちまけることにした。
2019kyoto (7).jpg2019kyoto (8).jpg2019kyoto (9).jpg

夕食は、冷たいナポリタンなど。とにかくカーボローディングね。9時ぐらいには就寝。

翌朝は5時起床。前日に買ったおにぎりを冷蔵庫に入れていたら、冷えすぎて半分凍っていた。まるたは構わず食べたが、せんせーは電車内で食べることにした。カステラ、バナナ、ゆで卵、コーヒーなどを食べていざ出陣。

地下鉄のホームでせんせーがおにぎりを食べようとしたところ、いまだ凍っていてぽろぽろのコメがホームに散乱。慌てふためく我々。駅員さんすみません。
2019kyoto (10).jpg

7時前には会場に到着。西京極野球場のスタンドで着ていた上着を脱ぎ、荷物預けバッグへと格納。トイレも済ませて、7時45分ごろ荷物を預ける。Fグループの我々が競技場に入れるのは8時15分から。それまでしばし入り口付近で待つ。入場ゲートが空き、いよいよ競技場へと入っていく。Fグループの真ん中辺に陣取るわれわれ。
2019kyoto (11).jpg2019kyoto (12).jpg2019kyoto (13).jpg

比較的気温が高かったのと、簡易ポンチョのおかげで、待っている間もそんなに寒くはなかった。
2019kyoto (14).jpg

9時スタート。われわれはその6分後くらいにスタート地点を通過。いよいよ42.195キロの始まりだ。
当初予定では、前半はキロ6分半。後半はできるだけ6分半を目標。気候も良く、まるた的には結構調子が良い感じ。5キロ過ぎの給水所を過ぎたあたりからせんせーを見失う。まだ後ろにいると思って、キロ6分半前後で時々後ろを見ながら走る。しかしせんせーの姿が全然見えない。そうこうするうちに、ハーフを過ぎる。まるたの通過タイムは2時間18分くらい。ひょっとして、左足アキレス腱痛の影響で、相当遅れているのかもと思い、後ろ髪をひかれながら、それならば独自に430を目指そうと、ここからピッチを上げた。
すると、27キロ付近で前を行くせんせーを発見。せんせーはまるたを見失った後、ペースが遅いと思ってかなり飛ばしていたようだ。ここから一緒に走っていったのだが、前半の飛ばしすぎ(せんせー)の影響か、30キロ過ぎからペースが上がらない。なんとか頑張って昨年のタイムを超えようと思ったが、少し及ばず、4時間42分ちょっとでゴール。
2019kyoto (15).jpg

大勝利ではなかったが、昨年に引き続き4時間40分台で走れたのだから、まるた一家てきには勝利と言っていいだろう。

ゴール後の消耗は昨年よりも激しく、よれよれ。ゴール後にパン、おにぎり、水をもらい、預けた荷物をひきとり、上着などを着てみやこめっせのおつかれさまコーナーへと向かう。
2019kyoto (19).jpg
無料の味噌汁をもらうはずだったが、あまりの長蛇の列に断念。有料の温かいものを求めて屋台へ向かう。うどんと飲み比べセットを購入。うどんうまかった。飲み比べセットもうまかった。帰り際、カレーがうまそうだったので追加で購入。うまかった。
2019kyoto (16).jpg2019kyoto (17).jpg2019kyoto (18).jpg

しばし休んで、徒歩で10分弱の宿へと戻る。宿が近いと極楽だなあ。途中で2次会用のつまみと酒を購入。

宿のユニットバスで汗を流してから、柳湯へ行き、その後、1次会のちゃかぽこへと繰り出す予定だったのだが・・・。

まるたがユニットバスでシャワーを浴びている途中で、足を滑らせ湯船で転倒。右腰背中側を打ち付け悶絶の痛さ。10分ぐらい動けず、お湯のない空の湯船でうずくまっていた。痛みをこらえて何とかユニットバスを脱出するも、とても歩くどころではない感じの痛さだった。柳湯と居酒屋への繰り出しを断念し、2階の布団で横になるまるた。2、3時間ほど横になると、少し楽になったので、気をとりなおして2次会用に買った酒で祝勝会。

翌朝6時半ごろ起床。8時前にはチェックアウト。京都駅で朝食用の駅弁を購入。ホームの売店で、カールを発見。7袋ぐらい購入。
2019kyoto (20).jpg

まるたは6時間休で職場に出勤。楽しい京都マラソン終了した。

来月の京都マラソンのトレーニングとして、昭和記念公園でハーフマラソンに挑戦。
01park.jpgスタート前の準備運動会場

普段の温泉付き大会と異なり、ガチで走る。

スタートから、せんせーと離れ独自ラン。

ハーフの参加者は500人くらいか?
02park.jpgハーフスタート地点

コースは昭和記念公園を4周とちょっと。スタート後最初に1.0975キロ分を走ってから、外周道路へと出ていく。

キロ5分半前後をキープして、1時間54分弱(独自計測のネットタイム)でゴール。本人新記録でした。

せんせーは2時間12分くらいでシーズンベスト。

帰り際公園昭島口の売店で缶ビールでのどを潤す。せんせーはアップルジュースね。

29日後には、いよいよ京都でフルマラソン。

調布七福神巡り走

| コメント(0) | トラックバック(0)

だいぶ前に、バスと電車を乗り継いだりして巡った調布七福神を、ジョグで巡った。

明照院(弁財天)、昌翁寺(寿老人)、祇園寺(福禄寿)、深大寺(毘沙門天)、西光寺(大黒天)、大正寺(恵比寿)、常性寺(布袋尊)

約15キロを、実走時間1時間42分でぐるっと一周。

天気も良く、結構暑かった。

亀岡ハーフマラソン

| コメント(0) | トラックバック(0)

京都府亀岡市で開催された、第4回亀岡ハーフマラソンに初参加。

前日に現地入り。

宿は、湯の花温泉「渓山閣」

コースは6キロ付近まで上り、以降平坦と下り。

2時間14分台でゴール。シーズンベストね。

詳しくは後日。

次回は京都マラソン

2年ぶり3回目の参加。

今回の宿は、天童ホテル。高級そうなたたずまいの宿。

前日に現地入り。

天童ホテル近くにある、水車生そばで昼食。道路側から入ったら、何やら満席の様子。入り口付近で並んでいる人がいなかったので、しばしたたずんでいると、お客さんから、反対側の入り口で並ぶのだと教えられた。しばらく待ち、座敷へ通してもらった。ここは元祖鳥中華が有名。ということで、鳥中華と天ぷらそばとビールを注文。そこそこうまかった。でもあまりに混んでいたので、もう行かないかな。
2018tendo (1).jpg2018tendo (2).jpg

天童ホテルにチェックイン後、出羽桜酒造の直営店、仲野酒店までてくてく歩き、直詰めの酒と春雷を購入。満足するまるた。さらにスーパーやまざわで、天童ワイン、ラフランスワインなどを購入。

天童ホテルは、おそらく天童で1,2を争う大型ホテル。大浴場もでかい。夕食はお食事処。1日目は水だけね。
2018tendo (3).jpg2018tendo (4).jpg2018tendo (5).jpg

当日、濃霧。温泉神社から無料バスで会場へ。参加賞を引き換えてから、上着など荷物をまとめて荷物預け所に荷物を預けた。荷物は自分でゼッケン番号末尾の数字の場所に置くようになりスムーズに預けられた。(スタート直前は混雑していたらしいが、そこは余裕をもって預けないとね)

スタート地点に向かう前にトイレへ。ここは臨時のトイレはなく、スタジアムのトイレを使う。トラックへの入り口から遠いほうのトイレはかなーり空いている。特に裏側のトイレは穴場。

スタート15分前にスタート地点に到着。Bグループ。絶好調を想定してタイムを申告していたらしい。病み中の我々は少し不安。
2018tendo (6).jpg2018tendo (7).jpg2018tendo (8).jpg

スタートしてからしばらくすると霧が晴れ快晴に。当然給食のラフランスはすべてゲット。途中暑かったので水をかぶる。前半はまあまあのペースだったが、後半落ちて、2時間22分台でゴール。かろうじてコスマラを数十秒上回った。来年のリベンジを誓う我々であった。

ゴール後は、恒例ラフランスと芋煮。今回、ラフランスに行列ができ、芋煮は全く行列がなかった。2年前と配布所の位置が変わり、芋煮はかなり余裕があったようだ。
2018tendo (9).jpg2018tendo (10).jpg2018tendo (11).jpg

芋煮でおなか一杯になったが、やはりここはビールが飲みたいと屋台を物色。ビールを売ってそうな店があったのだが、店のにーちゃんがなんかやる気がなさそうで、やめた。

ホテルに戻って、部屋風呂のシャワーで汗を流してから大浴場へ行った。ラフランスマラソン参加者向けに1コイン(500円)で大浴場を開放していたので、げろ混み。シャワーで汗を流していたのでいきなり湯船に入れてよかった。男性用浴場の露天風呂ではなにやらテレビ局が撮影を行っていた。YBCとかが放送するらしいが番組名等は不明。

夕食は反省会。反省内容としては、練習不足の一言で終わり。生ビールとファジーネーブルで浮かれ騒ぐ。部屋に戻って、ぐたーとした後、ラフランスワインで2次会。
2018tendo (12).jpg2018tendo (13).jpg2018tendo (14).jpg

翌朝バイキングは、思う存分好きなものを食べました。
2018tendo (15).jpg

10時にチェックアウト。お土産を買った後、お休みどころでソフトクリームを購入(せんせーのみ)。11時51分発の新幹線で帰宅。
2018tendo (16).jpg

12月の亀岡に向けて、練習しないと。今度は制限時間が2時間40分だからな。

9年連続9回目の参加。台風が近づく中天候が危ぶまれたが・・・。

前日に現地入り。こころ湯沢で日本酒試飲。前日受付してからお土産を購入。5%引き券を有効に使う。

デザイナーズルームで贅沢ステイ。13時チェックアウトプラン。夕食に日本酒がサービスでついてきた。冷酒1合。八海山と久保田を選択。バイキングで少し食べすぎたか。

当日6時起き。6時30分開場の朝食会場に10分前に並ぶ。ささっと朝食を食べ。身支度。荷物をスーツケースに入れて、戻ったらすぐにチェックアウトできる体制を整え出発。7時30分発のホテルのバスで会場に送ってもらった。

早めに会場に着いたので、しばらく座って体力温存。

9時33分第2グループスタート。やはり練習不足で足が重い。それでも2時間22分台でゴール。昨年より1分ほど遅かったが、我々的には大勝利。心配された雨も降らず、曇りで気温もそこそこ。良いコンディションでした。

12時40分ごろ宿に戻り、ゼッケンを外したり、ザムストを脱いだり、軽く身支度を整えてチェックアウト。ギリギリ5分前。一部の荷物を無料ロッカーに預けて、宿の温泉で汗を流す。宿泊者は16時まで使えるのである。

ホテルのロビーで3時ごろまでうだうだ。その間、JTB特典のオレンジジュースをもらって飲んだり、余った氷にミニッツメイドを足して飲んだりして過ごす。荷物をできるだけスーツケースに詰めて、3時過ぎにホテルを後にする。

がんぎどおりをもう一度めぐって、帰りの新幹線の水筒とおやつを購入。ここでも5%引き券が活躍。

16時1分の新幹線で帰宅。世の中は台風で大変なことになりつつあったが、我々は雨にも降られず平和であった。

9年連続9回目の参加。

ほとんど、昨年と同じスケジュールをこなす。

抽選で気球に乗れたらしいが気づかず。

2時間39分台でゴール。昨年より4分遅い。練習不足。

反省会は、信州炭火炉端すえひろ。豪華牛炙り焼き1,980円なりを食す。

翌日は善光寺参り。

十割そば大善で大盛をひとつ。「おひとつですか」と聞かれる。天ぷら盛り合わせとビールも注文したでちょ。

ビールはもう一本おかわり。結構満腹になった。

2018obuse (5).jpg竹風堂の山家定食

2018obuse (11).jpg当日、荷物預け所付近

2018obuse (21).jpgアイスを食べながら歩く

2018obuse (27).jpg水浴びするまるた

2018obuse (36).jpg栗ロールケーキ

2018obuse (40).jpg2018obuse (41).jpg豪華牛炙り焼きに驚くせんせー

2018obuse (45).jpgドーミーインの夜鳴きそば(無料)

2018obuse (54).jpg2018obuse (55).jpg大善お品書き

東根さくらんぼマラソンに参加。

前日に現地入り。宿はたびやかた嵐の湯。

新幹線東根さくらんぼ駅からサクランボ東根温泉まで無料シャトルバス。

チェックイン前に宿に荷物を預けて、近くのラーメン屋に昼食。一心亭。志那そばと海鮮ラーメンを食べた。

15時から前日レセプションががあるというので行ってみた。15時半ごろつくと、すでに無料のサクランボなどはなくなっていた。リンゴジュースがあったので、2杯くらい飲んだ。うまかった。生ビールが300円だったので、思わず買って飲んでしまった。

大会当日、最高気温28度の予想。神町駐屯地が会場。3月以降の練習不足と季節外れの暑さのため撃沈。2時間30分を切れずゴール。

途中、サクランボを食べたり、水をかけまくったり。エイドは思ったほど多くはなかった。ご当地エイドは、ゼリー以外なくなっていて残念。15キロ付近の冷たいタオルはよかった。

0次会で、ミックスナッツをつまみに、ビール500ccと日本酒300ccを飲み、すっかりダウン。

2泊目の夕食では生ビールと梅酒ロックでちゃかぽこ。おなかいっぱいでかなり食べ物を残してしまった。

その後、嵐の湯(宿泊者専用)に4回繰り返し入ってみた。

湯疲れもあったか、2次会は開催できず、そのまま朝までぐったり。

翌朝、6時半ごろ風呂に入り、7時から朝食、9時にチェックアウトして、駅までタクシー1500円。9時45分東根さくらんぼ駅発の新幹線で帰宅。

写真は後日

味スタで行われた、チャリティ3時間リレーマラソンに参加。

エイドでお菓子がたくさん出る、ぬるい大会かと思ったら、ガチで参加している、運動部系の若い人たちが大勢いた。

午前中は親子ラン。3時間リレーは12時スタート。まるたとせんせーの2人でリレー。各自7周が目標。

2か所にエイドがあるのだが、コース上には1か所。リレーゾーンの待機所らへんに1か所。

3月以降練習不足のため、大変きつい。11月に同じ味スタで行われたフルマラソンリレーの時より、1周当たり1分くらい遅い。昨日までより気温が低く、最初は快適だったが、だんだんと暑さがこたえてきた。特に人工芝のグラウンド上は、太陽光に暖められて、結構な暑さになっていた。

何とか、まるた8周、せんせー7周で目標達成。

人工芝が靴の中に入ってチクチクと痛かった。これまで2回味スタで走ったが、前回まではそんなことはなかったような気がしたが・・・。人工芝が靴に張り付いてすごいことになっていた記憶はあったが・・・。

で、帰りに飛田給駅の近くのローソンで缶ビールを買って、歩きながら飲みました。うめー。

2週間後は、山形のサクランボハーフに参加予定。

今年も30Kに参加

前日受付は、フィギュア男子FS決勝を見てから出かけたので、15時半ごろ河辺に到着。遅い時間に行ったので、受付はスムーズ。体育館裏のイベントコーナーを見物に行く途中、横断歩道のないところを横断したら、ボランティアの高校生に注意されちった。

当日は、8時16分発の電車で出発。途中の南武線が異様に込んでいて驚いた。下北沢駅付近の工事の影響?9時5分立川始発の青梅線に座ってようやくほっと一息。河辺駅は大混雑。北口から出て、コンフェスタイン河辺に荷物を預け、身支度をする。トイレも借りる。10時過ぎにコンフェスタを出て会場に向かう。東青梅方面の踏切を渡ってスタートゲート方面を目指す。途中無料の甘酒を飲んで暖をとる。スタートゲートで記念写真。

今回は、まるたとせんせーのスタート地点がかなり違ったので、それぞれのペースで走ることとした。

まるたの番号は9000番台で河辺駅交差点よりも後ろ。11時にせんせーは自分のスタート地点へと前進。

11時30分スタート。まるたはスタート地点までおよそ10分かかった。せんせーは4分くらいだったらしい。前半15キロまでは、およそキロ6分から6分20秒台。15キロのタイムは1時間33分台(ネット)。折り返してからの下りでようやくスピードが上がり、後半の下りはキロ6分を切るペース。後半15キロは1時間25分台。
昨年より少し早い、2時間58分台でゴール。せんせーも3時間12分台で自己新。

ゴール後は、メダルとおにぎりなどをもらって、コンフェスタインへ。途中のセブンイレブンで澤乃井購入。コンフェスタイン河辺にチェックインしているところで、せんせーも到着。シャワーで汗を流し、一休みしたあと18時半ごろから梅の湯で疲れを癒す。その後、東急で酒とつまみを購入し、スピードスケート女子500mを見ながら祝勝会。

翌日、7時に宿の朝食をとり、9時過ぎにチェックアウト。9時28分河辺発の電車で帰宅。

マルエツで昼食をゲット。

続きと写真は後程。

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.1.2

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち運動カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは競馬です。

次のカテゴリは遠足です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。