第10回鳴沢紅葉ロードレース

| コメント(0) | トラックバック(0)

第1回と第3回に参加して以来、7年ぶりの鳴沢紅葉ロードレース。

第10回記念大会。

前日に現地入り。高速バス使用。若干渋滞し、40分遅れ位で到着。河口湖駅周辺は、中国人を中心とした外国人旅行客でわらわらしていた。

ほうとう不動でカーボローディング。ここも外国人がいっぱい。送迎バス到着までの間に自分たちのお土産をゲット。ワインとビールとお菓子。ヒノキのマスも買った。

15時の送迎バスで富士緑の休暇村へ到着。さっそくゆらりで汗を流す。2食付きでともにバイキング。土曜日の夕食時、我々は18時から。そこそこ客はいたが、18時20分ごろには料理コーナーはがらんとしていた。ところが18時半になると、学生さまご一行がわらわらとやってきてカオス状態の大混雑。夕食後もう一度ゆらりへ行く。

当日は6時ごろ起床。7時から朝食開始だが、少しフライングして5分前に行くとすでに関西ハイクご一行様などが食事中。もっと早くてもよかったなあ。炭水化物中心にさっと朝食をすます。

7時半ごろ会場へ向かう。ゆらりの建物沿いに歩いて行ったら、行き止まり。一度戻って道の駅裏側らへんを通って会場へ行く。まず受付でゼッケンを交換。8時15分からの開会式を見てから、参加賞のブルーベリージャムとゼリーを引き換えて休暇村に戻る。

休暇村でゼッケンをTシャツにつけ、チップを靴に装着。9時半ごろあらためて会場へと向かう。

スタート直前。最後尾のプラカードを持った係員さん付近に陣取ったが、いつの間にか最後尾が後ろのほうに行っており、結果、真ん中から辺からスタート。

7年前とコースが変わっており、小さなアップダウンが続くコース。平坦なところはほとんどない。最初2周する周回コース中に急な下り坂があり、結構怖い。足にも来る。きついコースだが、ほとんどの上りで上りの終わりが見えるので、精神的にはそれほど苦しくはない。

当初、2時間半を目標にしていたが、結果2時間22分台でゴール。一応大勝利。

ゴール後は、生ビールをのみ無料のそばをいただく。

抽選会にも参加したが当たらず、2時ごろ休暇村へ戻る。

さて、次はお伊勢さんマラソン。2時間15分切りが目標だ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://mafutan.com/mt/mt-tb.cgi/409

コメントする

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.1.2

この記事について

このページは、まるたが2019年10月28日 16:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「終戦」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。