2010年7月アーカイブ

小布施見にマラソンに初参加

| コメント(1)

7月18日、長野県小布施で開催された第8回小布施見にマラソンに参加。
前日の8時前に家を出て、8時50分新宿発の高速バスで長野へ向かう予定だったのだが、出発直前のテレビで、高速道路渋滞予測のニュースが・・・。へっ、そういえば三連休初日。高速道路なんて絶対渋滞じゃん。なんで今まで気づかなかったんだろう。3連休の遠足という楽しい夢に浮かれてすっかり抜けてた。しまったー。新幹線にしておけばよかったー。と後悔しても後の祭り。
結局バスは1時間半遅れで、14時ごろ長野に到着。そこから長野電鉄に乗り、受付会場の小布施へ向かう。
小布施駅を降りると、それっぽい人が沢山。既に町はお祭りムード。受付会場も結構混んでいた。なぜかせんせーの7000番台の受付がやたらと混んでいた。むー。
受付会場のようす
受付を済ませ、15時39分の電車で宿泊地の湯田中へ。もうすぐ湯田中到着というところで激しい雷雨。湯田中駅の待合所で30分ぐらい雨宿り。少し雨が小降りになったところで、「よろづやアネックス」へ徒歩で向かう(駅から電話すれば迎えに来てもらえたのかもしれない)。途中ローソンで夕食(お手軽冷やし中華など)をゲット。今回はハーフマラソン参加のための宿泊なので、朝食のみプランにしたのだった。
宿のチェックイン時に、翌日夕方の貸切風呂を予約。部屋に入ってから早速大浴場で旅の疲れを癒す。夕食を食べ、レース用Tシャツにゼッケンをつけたりしてから就寝。
翌朝は5時前に起きて、トイレを済ませる。始発の5時59分の電車で会場に向かうため、朝食はなし。そのかわり「すし弁当」が宿から配られた。これを部屋でぱくつく。ジョギングウェアに着替えてれっつゴー。
始発なのでらくらく座って小布施までいけると思っていたら、2両編成の電車は既に満員。げげ。
6時40分ごろ小布施駅に到着。荷物(タオルとエアサロンパスなど)を荷物預かり所に預ける。人が多すぎてあまりスムーズではなかった。このレースはスタートとゴールが別地点のため荷物はゴール地点まで運ばれる。
スタート付近のようす
スタート前にトイレを済ませ(大行列だった)、7時10分ごろようやくわれわれのスタート地点であるE区画へ到着。既にレース10分前。気温は既に30度。ほとんど快晴。スタート区画でも日に当たっているとばてるので日陰に避難する。

そしてやたらテンションの高い、金哲彦さんの掛け声でなぜかウェーブを行う。スタート前恒例のセレモニーらしい。
ウェーブ
そうこうしているうちに7時20分スタートの号砲がなった(らしい)。われわれの区画はなかな動かない。本来のスタートラインまで10分以上かかった。

スタートしてからも結構道が狭かったりして結構歩きが多かった。
仮装のランナーも結構多く。みんな楽しんで参加しているようす。

気温はめちゃくちゃ高かったが給水所がほぼ1キロおきに現れ、冷たい水を飲んだり頭や背中にかけたりして走れたので、それほど苦しいという感じはなかった。
沿道には沢山の私設・公設エイドがあり、りんごジュース、ウインナー、アイスキャンディー、麦茶、にんじん、野沢菜、ワイン、さくらんぼ、オレンジ、バナナなど(順不同)を食べ、飲みながらのどかな小布施の町をとことこ走る(歩く)。

そして2時間58分(グロス)ぐらいでゴール。ゴール後フィニッシャータオルをもらい、アミノバリューや水、試供品のエアサロンパスをもらう。
完走して得意げに水を飲む
その後完走証をもらったのだが、印字された内容は、完走タイム「52分」というとんでもないいい加減なタイムが記載されていた。ハーフ52分じゃ世界記録じゃん。我々が並んだところはなんだかとろいおじさんがもたもたやっていたので、多分パソコンのトラブルか何かで異常なデータが印字されたに違いない。と思って、おもてなしどころでスイカやきゅうりを食べた後再度まともそうなところで並んで完走証をゲット。今度はちゃんとしたタイムが印字された。よかたよかた。
一息ついたところで、駅へのシャトルバス乗り場へと向かう。その途中噴水広場みたいなところで、大勢の人たちが水を浴びていたので、われわれも童心に帰って水を浴びる。
水を浴びるまるた
散々水浴びして満足したところでシャトルバス乗り場へ。途中道の駅でソフトクリームを買おうと最初屋外の売り場に並んだのだが、機械の故障か何かで全然順番が回ってこない。仕方ないので建物の中に入ったら、こっちにも売っていたので自販機で食券を買ってソフトゲット。みやげ物売り場を少し徘徊したら。おいしそうなりんごロールケーキを発見したので衝動買い。
シャトルバスで12時前に小布施駅に到着。駅前でうでっとしていたら、ボランティアの高校生?が余ったアミノバリューを周りのみんなに配っていたので、おいらたちももらう。
12時11分発の普通列車で湯田中へ向かったのだが、信州中野で接続がなく、結局信州中野で特急券を買い足して、特急で湯田中へ到着。12時36分発の特急に最初から乗ればよかた。
途中のローソンで昼飯のすしなどを買い、宿へ。一度部屋の風呂でシャワーを浴びすっきりとして昼飯を食ってから大浴場へ。しかるのちに昼寝をして16時から貸切風呂。

ここは20人が一度に入れるという普通に大浴場として使ってもおかしくないほどの広々とした風呂。アー極楽。
夕食は、宿のホームページにあった「三河屋」へ行ってみた。なんか定年退職したご主人が家族経営でやってるような感じの店で、頼んだものが中々出てこない。厨房のすぐ近くの個室に入ったのだが、そこから店の人たちが右往左往しているのが見える。生ビールと梅酒を頼んだら「ご飯ね」とか聞き返されちゃって(それも2度も)頼んだものがちゃんと出てくるか不安だった。
牛かわら焼き(すでに残り1切れ) ぎょうざ(なぜかラー油が3本) 刺身盛り合わせ 信州といえば馬刺し
それでも刺し盛り、馬刺し、瓦焼きステーキ、餃子をつまみにおいらは生ビール2杯と赤ワイン梅酒、せんせーは梅酒と桃酒を飲んですっかり出来上がった。うぃっくー。

夜の温泉街を散歩がてら駅方面へ歩いて行き、ローソンで2次会用の酒とつまみをゲットして宿へ帰る。さらに飲み足してへべれけになっていつの間にか就寝。気がつくと朝になっていた。
よろづやアネックス前
最終日は予定を少し変更して、10時前にチェックアウトして、10時10分の特急に乗り長野へ。駅のコインロッカーに荷物を預け、善光寺を見物。
まるたはこの中で酒の試飲
まるたは造り酒屋で酒の試飲。さらにういっくー。お昼はガイドブックに乗っていたクイチそば。おいらはざるそばとビール、せんせーは天ぷらそば。うまかったー。
ざるそば 天ぷらそば
バスで長野駅へ戻り、急いでお土産を買い、13時発の高速バスで帰路へ。3連休最終日とあってやはり高速道路は大渋滞。バスの中で巨人ヤクルト戦の途中経過を携帯でチェック。大逆転勝利で大喜び。で、事故渋滞などもあって結局2時間半遅れで19時ごろ新宿へ到着。家に着いたのは20時ごろ。
来年は新幹線で行くぞー。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.1

このアーカイブについて

このページには、2010年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年6月です。

次のアーカイブは2010年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。