2015年12月アーカイブ

昨年は、館山マラソンに備えた合宿だったため、2年ぶりの年末東北旅行。今回は、2009年以来の岩手県。
今回の宿は初めて行く大沢温泉。ここは自炊部(最近、湯治屋と改名)が有名で、テレビでも紹介されたことがある。(ような気がする)
12月29日、今年の走り納めとして軽く5キロ走。その後身支度をして、最寄り駅を10時半ごろ出発。東京駅で駅弁を買って、うきうきと新幹線で東北へと向かう。
oosawa (1).jpg

新花巻駅前は、少し雪が積もっていた、前々回は大雪、前回は全く雪がなかった。今回はその中間ぐらい。
oosawa (2).jpg

泊る宿は、大沢温泉山水閣。新花巻から無料送迎バスが出ている。予約したのは花巻南温泉組合のバスなので、それに乗っていたら、大沢温泉に行く人は、後ろの大沢温泉専用のバスに乗れと言う。この時点では、大沢温泉に悪い印象があったのだが・・・。

結果として、大沢温泉専用バスは、山水閣まで直行だったので、予定より少し早く到着。16時前にはチェックイン完了。通された部屋は、12.5畳+4.5畳の「こぶし」という部屋。きれいで広くて快適な部屋。送迎バスのもやもやはいっぺんで吹っ飛んでしまった。
oosawa (4).jpgoosawa (5).jpg

今回は、大沢温泉の7つある温泉を2泊3日で巡るという企画。のんびり温泉三昧。

最初に行ったのは、家族風呂の「は」。家族風呂は3つあって「い」「ろ」「は」と名付けられている。冬は窓が開かないのが残念だったが、極楽な貸切風呂だった。その後、引き続き山水閣宿泊者専用の「山水の湯」に入る。こちらも内湯が広くて極楽。

すっかり温まった後、夕食は18時から部屋食。この宿の飲み物は比較的リーズナブル。大ジョッキ800円(税抜)の説明書きが、「本当に大きいので女性の方はご注意ください。」みたいなことが書かれていたので、面白がって注文してみた。せんせーは桃サワー。でこの大ジョッキが本当に大きかった。まるたの顔の大きさと比べるとそれがよくわかる。
oosawa (9).jpgoosawa (8).jpgoosawa (7).jpgoosawa (10).jpg

夕食後、大沢温泉の各所を偵察。名物「大沢の湯(混浴)」の様子も見に行った。ちょうど女性専用時間だったので、まるたは入り口前で待ち、せんせーが偵察。げろ混みだったらしい。

この宿は、山水閣、湯治屋(自炊部)、菊水館とあって、構造が複雑。3つの宿に7つの湯が点在。巡りがいがあるなあ。
偵察の帰りに、自炊部の売店で、ビールとアイスなどを購入。
oosawa (25).jpg

この吟醸山水閣アイスがとてもおいしかった。

部屋の外には豊沢川が流れていて、夜はライトアップされていた。
oosawa (26).jpg

翌日は、まず、まるたが単独で早朝「大沢の湯」へ。広い露天風呂が快適だった。でもここ菊水館への橋から丸見え。女性専用時間でも通路は通っていいらしいので大丈夫なのか。その後、「南部の湯」、「山水の湯」(2回目)、「薬師の湯」、「大沢の湯」(まるた2回目)、「かわべの湯」(女性専用)、家族風呂「い」、「大沢の湯」(まるた3回目)、「かわべの湯」(せんせー2回目)と次々制覇。

2泊目の夕食も部屋食。今度はビールは中ジョッキにしておいた。せんせーはスパークリングワイン。

夕食後、20時からの女性専用時間にせんせーが「大沢の湯」へ。まるたは部屋で食休み。最後に家族風呂「ろ」にも入って残すは豊沢の湯のみ。いやー本当に風呂三昧の一日だった。

翌朝、最後の「豊沢の湯」。ガラスがはめ込まれていたのがちょっと残念。まるたとしては、寒くても半露天のままでいいのだがなあ。

朝食後、最後の山水の湯を堪能。名残惜しいなあ。
oosawa (61).jpg

あっという間に、温泉三昧の大沢温泉2泊3日が終了してしまいましたあ。
oosawa (69).jpgoosawa (71).jpg

大掃除2日目

| コメント(0) | トラックバック(0)

前日に引き続き大掃除。
まず、こたつ布団を洗濯。次に、換気扇周り、ろかシャワー取り換え、押し入れの中の収納奥のほこりとり。

そして、洗濯機パンの掃除。洗濯機をパンの外へ移動し、洗濯機の下にたまっていた、でろでろを取り除く。洗濯機パンの排水溝も、ドメストを投入し、熱湯を注いで清掃。したつもりなのだが、排水状況は改善されなかった。妙だなああ。

7時ごろ起床して朝ご飯を食べてから、大掃除開始。
まるたは、窓掃除、カーテン洗濯、風呂かぱ。せんせーはキッチン中心に作業。キッチンの収納庫にある、さまざまなグッズも整理。使わないものはポイポイ。
午後1時ごろ終了。軽く5キロ走。2時過ぎにガストで昼食。西友で買い物して帰宅。その後昼寝。

DSC02599.jpgDSC02600.jpg

DSC02601.jpgDSC02602.jpg

せんせーが、コージーコーナーでゲットしたクリスマスケーキ。
大行列だったらしい。
その他。マルエツで買った楽しそうなクリスマス惣菜とスパークリングワインでかんぱーい。
まるた一家のクリスマスでした。

2年ぶり3回目の奈良マラソンに参加。
9月からの3か月で510キロのトレーニングをこなし、万全?の体制で臨んだ。
前日の12日に東京発10時の新幹線で出発。おととしはここでトラブルがあって、予定より1時間遅れで奈良に到着だった。今回はスムーズ。JRみやこ快速に乗り継いで13時18分に奈良に到着。
宿は今回も駅前の日航奈良。近くて便利。チェックインして荷物を置いてから、会場の鴻池陸上競技場へと向かう。体力温存のため、バスで。
今年は暖冬で、異様に暖かい。最高気温が15度もある。受付会場でゼッケンを引き換えた後。マラソンエキスポ会場へ。おととしと一昨々年の場合は、エキスポ会場で暖かい100円トン汁を有難く食べたが、今回も食べたんですが、もう一つありがたみがなかったなー。恒例、トンなし汁だったし。
そのほか、メロンパンと、いすずの柿の葉寿司を購入し、会場でむしゃむしゃ食べた。最後に入り口近くの三輪そうめん(煮麺)がうまそうだったので、1杯購入。二人で分け合った食べた。
3時から有森裕子のステージトークをチラ見して宿へ戻る。
素泊まりなので、近くのスーパーで、夕食と翌日の朝食を購入。思ったようなものがなかったので、セブンイレブンでも購入。
翌日は5時半に起きて、朝食を食べつ。トイレをすまし、ウェアに着替えて7時半ごろ出発。余裕でスタートライン(といってもHブロックだが、)につけると思ったが。・・・

男子荷物預け所に8時20分ごろ到着。ささっと預けてスタート地点に行けば余裕のはずだったが、ここで大誤算。
荷物預け所の入り口が事実上1か所しかなく、そこがボトルネックになって、数百人の人だかりが入り口前に滞留していた。10分で2メートルくらいしか進まず、これじゃスタートブロック閉鎖の8時45分に間に合わない。いらいらしつつも、周りのみんなが同様に思っているので、少しずつ列が進むのをじっと待つ。入り口を入ると広々とした体育館の中は閑散。どーなってんだと怒りつつも、荷物を預けた。この時点で8時48分。小走りにスタート地点に向かうと、スタートブロック入り口でも滞留中。どこもかしこも入り口がボトルネック。スタート地点にたどり着いたのは8時54分ごろ。なんとかせんせーとも合流でき、ようやくほっとしたところでスタートの号砲。ひやひやものでした。荷物預け所ではまるたの後ろにまだ数百人並んでいたから、間に合わなかった人が多数いたのではないかなあ。ここでベスパハイパー(これはー)を摂取。

そんなこんなで、9時ちょうどにフルマラソンスタート。Hブロックの我々は、スタート地点に向かってゆっくりと歩きだす。Hブロックの集合地点は競技場内だが、そこから競技場の外周へ出て、ぐるっと回る。スタートライン到達まで9分超。
前2回よりも早いペースで走っていく。ハーフ通過が2時間18分。25キロのぜんざいポイントではほとんど待たずにぜんざいをゲットできたため、ぜんざいロスタイムを最小限に抑えられた。その後、飯入りとん汁。三輪そうめんを次々と食し、快調に走っていた。独自給食のベスパハイパー(これはー)も10キロ、30キロで摂取。ピットインリキッドを20キロ、35キロで摂取し、いよいよ終盤へというところで、両足に異変が・・・。
両足ふくらはぎ付近と、左足太もも内側が微妙につり始めた。何とか41キロ地点まではねばったものの、最後の上り坂に入ったところで、左太もも内側がつり激しく痛む。一瞬止まって歩き始めたが、歩いたら余計痛くなったので、ゆっくりと走り始めたところ、何とか走れた。ここでせんせーにかなり遅れた。這う這うの体でゴールした。タイムは4時間46分と自己ベスト(ネット)だったが、若干の悔いがのこった結果であった。

ゴール後完走メダル、完走タオル、バーム、バナナをもらい。得意げに記念写真を撮る。

荷物の引き取りでは、今度は女子の引き取り所のシステムがひどくて、やたら引き取りに時間がかかった。今回は、本当にいろんなところで運営に?マークがついたなあ。
気温は高かったのだが、帰る頃になると、まるたさんの唇は紫色になり、やたら寒気がしてきた。せんせーは暑かったらしい。

ゆっくり歩いてホテルに戻り、部屋のシャワーで汗を流した後、4時半開場の大浴場で温まった。

本人新記録を祝うチャカポコは、事前に予約しておいたJR奈良駅近くの桜坂。飲み放題混みで2,780円というリーズナブルなコース。一応個室。
桜坂に行く前に、駅ナカの土産物屋で奈良三笠焼を買いに行った。ところが、すでに完売。昨日見たときにはちゃんとあったので、そのとき買っておけばよかった。結局土産は鹿サブレにした。
桜坂では、生ビール2杯と健康カクテルみたいなのを2杯。飲み放題だったが、あまり飲めなかった。最後は個室であることをいいことに、横になって寝てしまった。ぐー。
宴会終了後、翌日の朝食と土産(前述の鹿サブレ)を買い、宿に戻ってそのまま寝た。(翌日の出発が早いので)

翌日、素泊まりの我々は、7時20分ごろチェックアウト。7時半ごろJR奈良駅発の電車にのり、京都経由で湯谷温泉へと向かった。豊橋からJR飯田線普通電車にのる。遠足席でゆったり。
12時過ぎに湯谷温泉駅に到着。周りには何にもない。駅もシャッターが閉まっている。
電車が停車寸前に見かけた「いなか茶屋まつや」で、日本で2番目にうまいという、五平餅とそば、うどんを食した。
その後チェックインまで間があるので、日帰り温泉ゆーゆーありーなでひと風呂浴びた。広くて結構快適だった。
午後3時ごろ、湯谷温泉ホテル泉山閣にチェックイン。何やら、とんびの餌付けが名物らしい。
部屋は12畳と7.5畳の二間。広くて最初は喜んでいたのだが・・・。実は7.5畳の部屋には・・・。
チェックイン後はさっそく大浴場ね。
そして、ここは貸し切り風呂が3か所あり、今回は1か所改修中だったので残りの2つに入った。最初は川のすぐそばにある「せせらぎ」に入った。川がすぐそばに見えて快適。
夕食は部屋食で、ゆっくり堪能。持ち込んだ酒でへべれけ。
翌朝、朝食は2階の食事処だったのだが、食べていたのは我々一組だけ。ひょっとして他に客はいない?
朝食後もうひとつの貸切風呂の「やすらぎ」。バリアフリーで極楽。
ゆっくりと11時にチェックアウトして、帰宅。

写真は後日ね

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.1

このアーカイブについて

このページには、2015年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年11月です。

次のアーカイブは2016年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。