2013年4月アーカイブ

浦霞

| コメント(0) | トラックバック(0)

浦霞の純米吟醸生酒「春酣」を飲んでみました。
ものすごくすっきりとした飲み口で、日本酒が苦手なせんせーも何とか飲めました。
(曰く、フェルト臭がしない。)

肉怪獣退治

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週、谷川10Kのあと、近くの木曽路で昼特しゃぶを食べようと思って行ったら大混雑だったので断念し、改めて、今日の午後1時半に予約をしておいた。
今日は9時過ぎから1週間ぶりのトレーニングでいきなり21キロ走。最後せんせーが軽い脱水症状を起こし、這う這うの体で2時間42分で何とか帰宅。
シャワーを浴びて、へろへろ状態だが、ぐるなびシークレットクーポン(季節の一品料理プレゼント)と肉おかわり券を持ってうきうきと出かけた。
季節の一品は、和牛網焼きハーフ。
ビールとグレープフルーツサワーも飲んで、疲れた体にアルコールが染み渡る。
特選肉を1.5人分ずつ食べて大満足。

タニマリ10K

| コメント(0) | トラックバック(0)

地雷ではなく花をください。
というキャッチフレーズの谷川真理10Kマラソン(第2回)に参加。
市内にある、武蔵野の森公園の園路を2周する周回コース。
前日から冷たい雨が降り続く。季節外れの2月並の気温もあいまって、あいにくのコンディション。
会場まで近いので、8時に受け付けをしてゼッケンや参加賞のTシャツを引き換えた後、一旦自宅へ戻り、ランニングウェアに着替えて再度会場へと向かった。
会場で、上着を脱ぎ、荷物を更衣室に置き、10時35分にスタート地点に整列。このころには雨もかなり小降りになった。
tanimari01.jpg最後尾からスタート方向の様子。参加者は500人くらい?
スタート地点では最後尾に整列。ゴール時に最後尾にならないよう祈りながらスタート。
ゲストランナーには、猫ひろし、公務員ランナー川内優輝の弟川内鮮輝が出場。川内鮮輝には1周目直前で周回遅れにされた。さすがに早いなー。結果、川内鮮輝は2位だった。(兄貴は同日の長野マラソンで優勝。)谷川真理も参加者とハイタッチなどして応援していた。おいらも1周目と2周目に2回ハイタッチ。谷川真理は有森裕子と違って、テレビで見るイメージそのままって感じだった。
tanimari02.jpgスタート地点で参加者を激励する谷川真理さん
さて、最下位でゴールするんじゃないかとの不安は、結局杞憂に終わり、古希のランナーに抜かれそうになりながらも、何とか抜かれずに踏ん張り、1時間1分台(ネット)でゴール。
さて、4週間後は、高橋尚子杯 第3回ぎふ清流ハーフマラソン。こちらも川内優輝など、有名どころが出場予定。今度は生川内(兄)を見られるかな。

休日なのに、6時半に起きて、掃除、洗濯を済ませ、さらに10キロ走をこなす。
11時半ごろ家を出て、水道橋のsapanaで日替わりカレーとレディースセットをむしゃむしゃ食べて、勇躍東京ドームへ向かう。
試合開始直前、日テレ野球中継の副音声解説に出ているカトゥーンの亀梨がすぐ近くの通路を歩いてゴンドラに向かうところを目撃。顔が小さいねえ。眼鏡をかけていたが目が悪いのか?
始球式は、本日放送開始「35歳の高校生」主演の米倉涼子。投球がキャッチャーまでノーバウンドで届き、観客から驚きのどよめきが起こった。
先発は、先週と同じ菅野。相手は石川。
やはり巨人打線は石川を打てなかったが、菅野がそれ以上のピッチングを見せる。
結果3対1で巨人の勝利。これで9勝2敗ともはや独走態勢。

今シーズン初の東京ドーム巨人戦観戦。相手は中日。
ブランコが抜けてやや迫力がなくなった中日打線を菅野が序盤は完璧に抑えた。4回2死までパーフェクト。
打っては、ロペス、ボウカーのホームランなどで6点。
菅野は、中日の新外国人ルナとクラークに1発を浴び4失点したものの、打線の援護もありプロ初勝利。
これで開幕6連勝(1分けを挟む)。開幕ダッシュに大成功。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.1

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。